« 立山黒部アルペンルート | トップページ | バスの運転手の携帯着メロがっ! »

2008/05/04

しまなみ海道を歩く

本州から北海道まで青函トンネルを歩いた(距離は23km。歩くチャンスが極めて少ないのが難点)。

本州から九州まで関門トンネルを歩いた(夜間以外は歩くことができ、距離は780mしか無い)。

残されたのは本州から四国まで歩くことだった(1日中歩けるが、距離が約80kmと長い。また、風の強い日は通行止めになる)。

というわけで、5/2から5/3にかけて、しまなみ海道を歩いてきた。

Sdscf7687
尾道駅 14:07出発

Sdscf7690
尾道大橋(横から)

Sdscf7695_2
14:43 尾道大橋を渡る

向島へ上陸。次の因島大橋まで約9km。

Sdscf7708
歩道にペイントしてあるサイクリングロードの標識に従って歩けば、ミスコースの心配は無い。

Sdscf7727
因島大橋(横から)

Sdscf7738
16:46 因島大橋を渡る
橋は2階建て構造で、原付と自転車と人は車道の下を歩く。

因島へ上陸。次の生口橋まで約9.5km。

Sdscf7779
生口橋(横から)

Sdscf7791
19:26 生口橋を渡る

生口島へ上陸。次の多田羅大橋まで約12km。

Sdscf7815_2
サイクリングロードのペイント標識が両方向に描かれてくるようになる。

Sdscf7822
多田羅大橋

Sdscf7832
愛媛県突入

大三島へ上陸。次の大三島橋まで約5km。

Sdscf7851
大三島橋

2:12 大三島橋を渡る

伯方島へ上陸。次の伯方・大島大橋まで約4km。

Sdscf7861
サイクリングロードのペイントの向きが進む方向に対して逆向きになる。

Sdscf7869
伯方・大島大橋(渡り終わってから撮ったもの)

Sdscf7867
3:45 伯方・大島大橋を渡る

大島上陸。次の来島海峡大橋まで約11.5km。

左足の裏にマメができて、久々にマメの痛みを味わうことになってしまった。
このためペースが落ち、休みが増える。

Sdscf7908
来島海峡大橋

Sdscf7922_2
7:29 来島海峡大橋を渡り始める(写真は一番長い来島海峡第三大橋)。
3つの橋だけで約4km、前後のスロープを合わせると約6kmあり、渡り終えたのは8:38。

8:38 四国上陸。今治駅まで約6km。

Sdscf7946
10:32 今治駅着

Sdscf7952
橋のスタンプ

Sdscf7953
橋のスタンプその2

詳しくは100kmサイトで公開してあるので、そちらを見ていただければ。

関門海峡トンネル人道は日常生活の道として利用されており、これまでどれくらい多くの人が通行したのか分からないが、とにかく沢山の人が通っている。私自身も4~5回通った。

青函トンネルは新幹線の工事が始まったため、工事関係者以外が次に歩けるチャンスは開通予定の2015年以降になるだろうし、もしかしたらもう2度と通れないかも知れない(新幹線の風圧は在来線特急のそれとは比較にならんだろうから)。

しまなみ海道を歩いて渡った人はインターネットで検索する分には既に結構いるみたいだが、一気に通しで歩いた人は少ないと思われる(ただし、走った人なら100kmウルトラマラソン大会があるので、相当数いる)。

本州から北海道・九州・四国の全てに向かって(逆向きでもかまわないが)歩いた人となるとかなり少数だと思われ、ある種の記録になるのではなかろうか。
# と勝手に思っている。

以上

|

« 立山黒部アルペンルート | トップページ | バスの運転手の携帯着メロがっ! »

「ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71404/41087921

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道を歩く:

» 今治・しまなみ 旅行ネタ集 [今治バリバリリンク集]
12/15放送予定 朝日放送 朝だ!生です旅サラダ  最高ですか 大鶴義丹 不思議の毎日  しまなみ街道にて‥。 MMTV (詳しくは、大山祇神社・よしうみいきいき館・亀老山公園・山鳥 を参照) しまなみに癒されに来たいと思ったら・・・ 予約、旅券手配はこちらから 今治の旅館・ホテル 四国漫遊記1 やっぱ人生ROCKして生きなきゃ! しまなみ街道へGo!Go!  車とバイクでGo!Go! 愛媛の旅 今治編(や) 野球小僧のつれづれ日記  しまなみ海道  青い空... [続きを読む]

受信: 2008/05/05 10:50

« 立山黒部アルペンルート | トップページ | バスの運転手の携帯着メロがっ! »